■パワーアップしてもここが疎かだと意味無し

マシンをパワーアップしてもそれをタイヤに伝える駆動系が摩耗していたり装着に不具合があると意味がありません。摩耗したスプロケットはロスを生じさせてしまい、力を正しくリアタイヤに伝えることが出来なくなります。
また摩耗したスプロケットはチェーンを痛める原因ともなります。そのため定期的なチェックと交換が必要になります。

■素材によって異なるキャラクター

スプロケットの材質には主に『鉄』『アルミ合金』『ステンレス』などが用いられます。サスペンションの性能を左右する『バネ下重量』に直接影響するために軽量なものほど良いとされています。そのため希にチタン合金を用いた物もありますが、とあるメーカーがチタンでスプロケットを作成したところあまり軽く出来なかったために製品化を断念したという話もあります。

素材 利点 欠点
安価に製作できる
耐久性も高い
重い
錆びる
アルミ合金 軽く作れる
ステンレスと比べると製造コストが安い
デザインの自由度が高くドレスアップ効果も高い
耐久性が比較的低い
ステンレス 鉄と比べても耐久性が高い
錆びにくい為にドレスアップ効果も期待できる
加工コストが高い
重い(鉄とほぼ同じ)

これは素材をそのまま使った場合の大雑把な長所短所です。メーカーはそれぞれ長所を消さないように欠点を補う加工を施して理想的なスプロケットにするべく開発を続けています。また中には複数の素材を用いたハイブリッド型も登場しています。
ただ素材としての性格を把握することで自分に合ったスプロケットを探すことが出来ますので参考にしてください。

■形状で選ぶ

オフロード走行の場合はオンロードと異なり汚れや泥などでの摩耗も考慮しなければなりません。形状とはスプロケットの肉抜き形状の事ではなく歯の部分に施された泥や砂を吐き出すための加工を指します。
一般的に排土性が高いなどと表現されるのはこの形状によって評価されたものです。主に歯のくぼみ部分にローラーで押された泥などが抜けやすいように切り欠きを設けています。

■重要なセッティングパーツ

このスプロケットの歯数を増減することで2次減速比を変える事が出来ます。 ドライブスプロケット(エンジン側)とドリブンスプロケット(タイヤ側)の組み合わせでリアタイヤの駆動力を増やしたり1速のカバーする速度を広げたり出来るのです。
エンジンのパワーは変わりませんので例えば「2速だと吹けきるけど3速だと回転が落ちすぎるコーナーが有る」時はこの2次減速比を変えることで2速や3速でちょうど良くなるようにずらす事ができます。ただしこの方法だと他のギアも全てずれるので回転の頭打ちが早くなったり、駆動力が低くなってパワーダウンしたような感覚になる場合があります。自分に合った減速比を見つけるためには色々試してみると良いでしょう。

■スプロケット

国産のスプロケットメーカーであるisaは溢れんばかりの情熱で物を作り続けています。その情熱が他のメーカーでは味わえない絶妙なフィールを生み出し、多くのライダーを魅了し続けているのです。比類無き耐久性と精密さ。職人魂がここに息づいています。

   

正式名称はサンスター技研株式会社といい、あの歯ブラシなどを作っている会社のグループ企業です。スプロケットとブレーキディスクの供給で世界のトップシェアーを確保しており、確実な駆動と制動、つまり「人間の意思どおりに走り、止まる」という最も重要な部分を支えています。

   

ドイツのビレットパーツメーカーであるZAP TECHNIXの造るガード類は精度が高く、マシンをしっかりと守ってくれます。

   

1973年に設立されたTALON社は金属切削加工に長けており、スプロケットやハブ、それにブレーキ関係の優れた部品をリリースし続けています。

   
■チェーン

1941年3月 に有限会社江沼合同製作所として創業。シールチェーンの考案など常にモーターサイクルチェーンの老舗メーカーとして業界を引っ張ってきた。近年オフロードレースでの装着率の高さがその性能を物語っている。

   

RKブランドは1953年12月より発売開始されたオートバイ用ドライブチェーンの老舗
RKの由来はドイツ語のRollenKetteだそうです。ローラーチェーンという意味です。
こちらではモトクロスやエンデューロ用にリリースされている物のみをご紹介いたします。

   
■メンテ用品

チェーンのクリーニングはパワーの損失を抑え、燃費を向上させます。特にオフロードの場合は汚れやすいのでこまめに洗いたいところです。
このケッテンマックスは家庭用の中性洗剤を用いる新しいチェーンクリーニングキットです。ランニングコストを気にせずにどんどん洗ってください。