■オフロード用プロテクター

転倒の危険性が高いオフロードの場合は各種のプロテクターが必要になります。プロテクターはヘルメット、ブーツ、グローブの次に重要な、安心して走るためには欠かせないアイテムです。
転倒の際の衝撃で身体を痛めないために装備するプロテクターですが、ライディングスタイルや用途によって若干好みが出ますのでまず何に使うかをよく考えた方が良いでしょう。

■どんな物があるか

・ニーシンガード エルボーガード
ある程度しっかりと走りたいと思ったときにはまずひざを守るためにニーシンガードを使用するでしょう。スリップダウンなどでもひざやひじは打ちやすいのでツーリングなどでもこの部分は守りましょう。最近は後述するニーブレイスのようにヒンジを持ったニーシンガードもあります。パンツによっては大きめのニーシンガードを納められないものも有りますので要注意。エルボーガードは前に放り出されるような転び方をすると結構高い確率で肘を怪我しますので有った方が良いです。スケートボード用などを流用する人がいますが、ひじ自体よりその先の前腕部分の方が怪我をしやすいのでオートバイ用を用意しましょう。

・ボディープロテクター
モトクロスなどでよく見かける身体に着けるプロテクターです。大まかに樹脂製のアウタータイプとウレタンなどの柔らかい素材のインナータイプに分かれます。アウタータイプは飛び石などの他に転倒時にハンドルなどが刺さった場合などに有効です。ただし動きづらくなる場合もあります。逆にインナータイプはジャージの下に着けるので動きを妨げづらくて良いのですが、重量のある固形物にあたると結構痛い思いをします。日本のモトクロスではアウタータイプが多く、エンデューロではどちらも使われているようです。どちらも飛び石などから身体を守る物なので本格的なレースには必需品といえます。

・ネックブレイス
最近モトクロスでネックブレイスを着ける人が出てきました。重量物(ヘルメット)が転倒の衝撃で振り回されて鎖骨に当たり、最悪骨折という事態を想定して装着しています。多少首が動きづらくなりますが、逆にそれが集中しやすくなる効果もあるようです。ただしエンデューロなどでは周りの地形を確認するために辺りを見回す事が多いのでこの動きづらさがネガティブになる事も考えられます。まだ出たばかりの装備ですのでこれからどんどん発達していくでしょう。

・キドニーベルト
ウエストベルトとも言われる腹部を覆う伸縮性の高いベルトです。腎臓帯の名の通り激しい運動で内臓が揺すられて疲労するのを防ぐ機能があります。またホテルのポーターなどが同様のベルトをしていますが、これは力を込めた際の腹筋や背筋のサポートも兼ねているためです。激しいオフロードライディングの際も同様の効果を得ることが出来ます。

・アンクルブレイス リストブレイス
どちらも関節を補助するサポーター的な物です。軽度の捻挫などで大きな衝撃が加わると痛む場合にその衝撃を和らげる働きがあります。比較的薄手から厚手の物まで様々ありますが、アンクル(足首)ブレイスの場合はブーツとの相性もありますのでセットで求められた方が良いでしょう。

・ニーブレイス
最後にちょっと特殊(モトクロスではポピュラーになりつつあります)なニーブレイスです。最近は汎用性の高いタイプも出て価格は安定してきていますが、ニーシンガードに比べると高価なのが最大のネックです。安くともセットで5万円以上になります。しかし靱帯を損傷しないようにしっかりと固定しつつ、通常の動きは違和感の無いものなので安心して走ることが出来ますのでモトクロスには最適でしょう。ただし膝の動きをトレースするために使っているヒンジ部分が擦れてモトクロスパンツやマシンのシートを破損する場合があります。


>> エムシーギア 比較検証 <<

■ニーブレイス・ニーシンガード比較  
■エルボーガード比較  <補足:腕上がりについて>   
   

◆ニーブレイス専門

CTi -シーティーアイ-
シーティーアイ

「CTi」は義足や補助器具のメーカーであるオズール社が医療機器のノウハウを投入してあらゆるアスリートに送る革新的なニーブレイスです。そしてニーブレイスの原点ともいえるこの「CTi」がモトクロス用としてお薦めするのが「OTS」です。

   
アスタリスク
アスタリスク

アスタリスク
2001年にモトクロス専用のニーブレイスとしてリリースされたアスタリスクのCELL ニーブレイスはそれまでオーダーメイドが主流だったニーブレイスにON THE SHELF(既製品)のシステムを導入して多くのライダーが安全を手に入れることが出来るようになった記念すべきモデルです。

◆プロテクター全般

リアットブレース
リアットブレース

2002年Dr.クリス・リアット氏率いる内科医、外科医、バイオテクノロジーを専門とする数名の技術者からなる研究チームが結成され、ネックブレースの研究開発がスタートしました。そして2006年、BMW、KTM、ミュンヘン大学との協力体制を受け、様々な開発テストを経て、2007年遂に、市販のネックブレースとしては初となるリアットブレースがリリースされました。以後、ネックブレースのパイオニアとして確固たる地位を築いたリアットブレースは多くのオフロードライダーから愛用され続け高い支持を得ています。
※ネックブレース ニーガード ブレストガード 等

   
ソア
ソア

ソアはモトクロス用品のメーカーとして歴史は古く1968年サンディエゴで産声を上げて以来40年あまりモトクロスシーンに関わっています。リック・ジョンソン、グレッグ・アルバーチン、ジェレミー・マクグラスなど蒼々たるメンバーがこのモトクロスウェアを身につけ、近年ではチャド・リードやイワン・テデスコなどがthorの顔となっています。

   
ファーストレーシング
ファーストレーシング

ファーストレーシングはフランス、オーベルニュ地方に本拠を持つ、 フランス屈指のモトクロス・オフロードウエアブランドです。
過去にはD・ビーラマン、M・ピション、D・フレティーニュ、C・エスキロルなど 名立たるフランス人トップライダーが着用。2004&2005年フランス・スーパークロス125チャンピオンのベンジャマン・コワジーや同オープンクラスチャンピオンのアレクサンドロ・ルイ、またWGPモトクロスではニコラス・オーバンを起用。
世界選手権エンデューロではE2クラス4位のファビアン・プラネをメインライダーに起用し モトクロス、エンデューロの両面からヨーロッパ中の注目を集めています。

   
アチェルビス
アチェルビス

アチェルビス社は1973年にイタリアで生まれたプラスチックパーツのリーディングカンパニーです。現在スタンダード化しているモーターサイクルパーツの中にはACERBIS社が先鞭を付けた物が少なくありません。また高品質なパーツをリリースし続けており、その品質の高さからモーターサイクルメーカーの純正部品の生産も請け負っています。

   
ロッキースポーツ
ロッキー

ロッキースポーツの腰椎ベルトはスポーツユースから日常生活に至るまで腰に掛かる負担を最小限にする事が出来ます。その効果は数々のアスリートが実証しています。



◆その他


リスクレーシング

リスクレーシングはカリフォルニアのBISS Products Developmentが新たな視点で様々なモトクロス用品をリリースするブランドです。
ここではパームプロテクターをご紹介致します。

   

アザーセルフ

アザーセルフは、アウトドアスポーツ・釣り 専用に開発したオリジナルブランドです。20年以上テーピング製造をしてきた技術をもとに、新たなテーピングの使い方で新しいスタイルを提案しています。
アウトドアの厳しい条件下で開発されているので、普段の生活はもちろん様々なスポーツでも使用出来ます。

   

ティーエススポーツ

ブーツインソールでも似た効果のある商品を紹介していますが、これは足首のぶれを抑えることで全ての運動を支える足を安定させます。しかも足首の動きを規制することがありません。運動時はもちろん日常生活での使用をお薦めします。