1960年にDino Signori氏によってクラフトマンシューズメーカーとして発足したSIDI(シディ)社は、1970年代にオフロードバイク用ブーツの製造を開始し、現在ではMX、ロード、バイシクル、フットウェア全般を手がける老舗ブーツメーカーになっています。 また、常に革新的な機構のフットウェアを提供することでも有名なブランドです。

デザインを一新し機能性を追求したモデルに仕上がっています。フレックスシステムにより足の可動域を増やしより自然で正しい位置に足をポジショニングすることが可能となりました。 SRSモデルはアタッチメントの交換でモタードブーツにもなります。
■CROSS FIRE 2 SRS(ソールリプレイスメントシステム) ボルトオン式フラットソール
MC GEAR価格 \69,303

■CROSS FIRE 2 SRS(ソールリプレイスメントシステム) ボルトオン式フラットソール
MC GEAR価格 \69,303

■SRS アタッチメント SRS
EDソール
MXソール
モタードソール
a a a
\3,817(税込み) \3,110(税込み) \3,817(税込み)

■CROSS FIRE 2 縫いつけ式フラットソール
MC GEAR価格  \59,260

■CROSS FIRE 2 縫いつけ式フラットソール
MC GEAR価格  \59,260

■PRO LINE ブーツゲイター
MC GEAR価格 \2,880

■FIRSTRACING ブーツバッグ
MC GEAR価格 \4,114

■SCOTT ブーツバッグ
ゴーグルやレンズを入れるポケットも装備されています。
MC GEAR価格 \4,374

■ACERBIS X-LEGソックス>>>>

■ちゃねスポーツ Silna(シルナ)モトソックス>>>

今やブーツにインナーソールを入れるのは当たり前。
でもインナーソールをサイズ調整やただ単にショック吸収用だと思っていませんか?実はブーツと足の一体感を高めることで操作性を上げたり疲労を低減する重要な機能部品なのです。
是非ブーツとセットで購入してください。標準添付品よりもしっかりしているのでブーツのサイズも変わる場合があります。



サインハウス様からテスト用にサンプルを提供していただいたのでご紹介しています。
以前よりインナーソールには興味があって色々比較テストも行いましたのでご覧下さい。

連載中!!