マックスサスペンションはイタリアのトリノで20年に渡ってサスペンションのチューニングを行ってきた老舗のパーツメーカーです。

■SSP (STEERING STABILIZER PROGRESSIVE) 
マニア騒然!常識を覆す驚きのスタビリティー

近年の倒立サスペンションはバネ下重量の軽減から路面追従性の向上など様々な恩恵をライダーに与えてくれていますが、逆に路面の変化を細かく拾いすぎて神経質になる場合があります。

それを改善するのがこのSSPです。
適所に重りを配することで安定感が増して路面コンディションに左右されづらいハンドリングを提供してくれます。
 
バネ下に重りを装着するなんて路面の追従性を悪くするだけなのでは?
そう思いますよね。
しかし昨今の倒立サスペンションは充分に軽く、最大でも片側100g程度※の重量物は大きなデメリットにはなりません。

それよりも アクスルシャフトの前方にウエイトを乗せる事で路面に押し付ける力ステアリングダンパーのような外乱を抑える力が働く事によって高められた安定感をはっきりと体感していただけます。

※増加ウエイト2枚入れた場合
 
■取り付け方法
オリジナルのボルトを外してからSSP本体を付属のボルトを使用して取り付けます。

締め付けトルクは車両のサービスマニュアルを参照してください。
WP/マルゾッキ/ザックス/パイオリ などは付属のカラーでかさ上げすることで干渉しないようにしてください。
付属の増加ウエイトはこのように取り付けてください。
増加ウエイトは2枚同梱されています。

最初は効果が分かり易い2枚増量で試していただき少しずつ減らして好みのハンドリングにセットしてください。
取り付けの際は4セットある中から適切な長さのボルトを使用してください。
一番右が適正な長さです。
増加ウエイトの枚数でも変わってきますので適宜調整してください。
 
■取り付け可能車両
 フロントアクスルの固定ボルトが6mmもしくは8mmの車両で上からボルトを入れるタイプでしたら一部を除き※取り付け可能です。

  ※SUZUKI RMZ250/450は純正ディスクガードの取り付けステーが干渉するために装着出来ません。

■SSP KIT

セット内容:

SSPウエイト本体 x2
スペーサー x4
増加ウエイト x4
取り付けボルト x4 x4セット
MC GEAR価格 \20,520(税込み)
  ■現在8mmタイプは欠品中です。

■店長より
通常サスペンションの車体に固定されていない側(バネ下)は軽ければ軽いほど良いと思われていました。
ですからここにウエイトを乗せる事は常識外れとも言えます。

当初私も眉唾的に見ていましたので、騙されたと思って装着したところ本当にびっくりしました。

コーナリングで倒しこんでいった時にサスペンションの動きを良い意味でマイルドにしているのでフロントの安定感が増して不安無くアクセルが開けられるようになったんです。また、路面が荒れていて左右にチャタリング※が出るような場所でもそれが抑えられてアクセルを開けられるようになってその後のジャンプも飛距離が伸びるほどでした。

その後2人ほどテストをしていただいたのですが、どちらもコーナリングでフロントが逃げにくくなって良くなったとお褒めの言葉をいただきました。ガレ場でもラインを保持し易くなったりと良いことずくめです。またジャンプを飛んでもウッズを走っても特に違和感が無いところをみるとサスペンションの動きを阻害するほどではないようです。

※周期的にハンドルが振られてしまう現象。
件の場所はKTMにだけよく出る現象だったんですが、すっかり消えました。